水道 工事でトラブルを解決

水道 工事でトラブルを解決 家の中ではトイレやキッチン、お風呂などいろいろな場所で水を使っています。もし水道にトラブルが起きてしまった場合、すぐに工事をすることが必要になります。トラブルを放置してしまうと症状が悪化し、水が出なくなるだけではなく、浸水や漏電の危険があるからです。工事と聞くと大規模なものをイメージする方もいますが、大掛かりなものから部品を交換するだけで済むケースもあります。そこで水道 工事でトラブルを解決できる内容について紹介します。内容を把握していると実際にトラブルが起きた時でも落ち着いて行動することができるため、とても参考になります。修理が必要なのか悩んでいる方はこの記事を読めば判断がつきます。

■キッチンの水漏れを水道 工事で解消

キッチンのトラブルで慌ててしまうのがシンク下の水漏れです。扉を開けたら水が漏れていて驚く方もいますが、なかなか目につかない場所で水漏れが起こっていた時は、異臭で異変に気付くこともあります。水漏れの形跡がないのに異臭がするのは、シンク下で水が漏れている可能性が疑われます。
パッキンの劣化や排水管のナットの緩みであれば自分で直すことも可能ですが、原因が分からない場合や、修理できない場所の時は業者に連絡し、修理を行います。排水ホースや配管の破損が起こっている時は部品交換が必要です。配管の詰まりでトラブルが起きている時は専用の道具を使って直します。目に見えない場所で詰まりが起こっている時でもプロの業者に依頼すればトラブルを解消することが可能です。

■お風呂のシャワーを水道 工事で直す
シャワーは水漏れしないように作られていますが、長期間使用することで部品が劣化し、水漏れを起こしてしまいます。使い方や頻度によって消耗具合は変わってきます。シャワーの先からポタポタと水が出続けているような時は水漏れをしているサインです。少量であれば様子を見ようと思うかもしれませんが、一度起こってしまった水漏れは直ることがありません。症状が軽いうちに工事を行いましょう。
まずは、どこから水漏れが起こっているかを調べます。シャワーヘッドのパッキンが原因であれば、ヘッドを交換するだけで直すことができます。ホースに亀裂が入っている時はホースの交換をします。自分で行うことも可能ですが、ホースとシャワーヘッドのサイズが合わないと水漏れを起こしてしまうため注意が必要です。

■トイレ便座のトラブルも水道 工事で解決

トイレ便座に亀裂や故障が生じた時は、水道 工事業者へ依頼しましょう。トイレも水を使用している場所なので、これらの業者で対応してもらえます。便座に亀裂が入った時は便座のみを交換し、操作パネルに不具合が出た時は症状に合わせて修理を行います。
操作パネルがついているタイプの場合は漏電の危険もあるため、自分で修理を行わないようにします。お手入れのしやすさや、使いやすさなど自分の好みで機種を選びたい人はメーカーではなく、いろいろなメーカーを取り扱っている業者にすると選択肢が広がります。トイレと便座のメーカーを合わせる必要はないので自由に選べます。
トイレの使用年数が経過している時は便座だけではなく、トイレ全体の交換を一緒に行うと安く修理することが可能です。

■まとめ
水道 工事と聞くと修理を行う内容が限られているようなイメージですが、いろいろなトラブルに対応してもらえるようになっています。自分で行うよりも早く、確実に修理できるなどメリットも多いためあまり知識がない方はプロに依頼するようにしましょう。家の中のトラブルが工事をすることで解消し、快適に過ごせるようになります。修理方法や詳細な内容を、記事を読んで理解し、依頼する判断材料にしてください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース